ニキビ跡を改善するには

ニキビはそのままキレイに治ってしまう場合もあれば、残念ながら、ニキビ跡となって残ってしまうことがあります。ただ、ニキビ跡と一口に言っても、大きく分けて2つのタイプがあることをご存知でしょうか。まず一つは、ニキビ跡が色素沈着を起こしてしまいしみと同じような状態になってしまっている場合、もうひとつは、ニキビができてしまったところが陥没して凸凹してしまっている場合です。

しみのような状態になってしまっているニキビ跡は、スキンケアの方法でかなり改善されていきます。シミと同様薄くなりますし、時間の経過と共にもとに戻ることも少なくありません。ただ、かなり時間がかかってしまうことがありますので、お肌に負担がかからないニキビ跡に効果のあるスキンケア商品などを上手に取り入れて行くと良いでしょう。

また、陥没してしまった状態のニキビ跡は、残念ながら色素沈着を起こしてしまっているニキビ跡以上に治りにくい傾向にあります。人それぞれ程度も違いますので一概には言えませんが、あまりにも酷くなってしまっている場合は美容クリニックや皮膚科などで医師の指導のもと治療を行っていくと良いでしょう。効果のある方法なども人によって異なりますので、自分のお肌のコンディションなどに合わせながらチョイスしていくと良いと言えます。スキンケア商品によってもお肌に合う合わないがありますので、使ってみてニキビが増えてきたりお肌にトラブルが出てしまった時は使用を中止して、別のものを使っていくようにすると良いでしょう。