ほくろの治療方法

ほくろと言っても、盛り上がりのあるほくろもあれば、平坦なほくろもありますよね。同じほくろでも形状も違えば大きさも違いますので、それぞれに適した方法で除去したり治療を行っていかなくてはいけません。そうでないと、治療をしてもほくろが再発してしまうこともあるからです。

盛り上がりのあるほくろの場合は、ほくろとして存在していた経過が長い可能性があり、根が深く張ってしまっていることが考えられます。その場合、レーザーなどを用いてほくろの盛り上がっている部分を除去し、平らにする方法を取ることもあります。同時にほくろの特徴のある黒みがかった色も除去することができますし、レーザーを使っていますので傷も浅く済み短期間で完治するのが最大の特徴です。ただ、ほくろの大きさなどによっては手術にて除去することもあり、この場合は傷跡ができたり完治に時間がかかってしまうことがありますが、確実に除去することができます。

逆に盛り上がりのないほくろの場合、レーザーによる治療が一般的に行われていきます。皮膚科によってどのような方法で治療を行っていくかが変わってきますので一概には言えませんが、盛り上がりがなく平坦、そしてさほど大きくはないほくろなら一度レーザーを施術することで除去することができますので体に負担を抱えることもありません。同時に数カ所を除去することも可能な場合もありますので、まずは皮膚科にてカウンセリングを受けること、そしてしっかりと説明を受けるようにしましょう。