包茎と早漏の関係とは

日本人に多い仮性包茎ですが、仮性包茎の場合勃起時には亀頭が自然と出てくることがほとんどですので、性行為に支障をきたすことがありません。ですが、包茎の場合は早漏になりやすいと言われていることをすでにご存じの方も多いのではないかと思いますが、なぜ包茎だと早漏になりやすいのでしょうか。

男性の亀頭部分はとてもデリケートで敏感な神経が集まっている部位でもあります。もちろん、もともとが敏感なところですから過敏な反応があっても何らおかしなことではありません。ただ、亀頭が常に出ている状態の方の場合、包皮に亀頭が包まれていないわけですから常に下着などで常に刺激を与えられているため、比較的刺激には強くなると考えられています。つまり、包茎の方は亀頭が包皮に包まれているわけですから、日頃刺激されることが少ないため刺激の弱いペニスになってしまうのです。

もちろん包茎=早漏というわけではありません。中には包茎でも早漏ではない方もいます。ただ、包茎=早漏というイメージがかなり強くなってしまっているために、「自分は包茎だから早漏なんだ」と思いこんでしまっている方がいるのも事実。ペニスの大きさ、包茎かどうかは心身にも大きな影響を与えていると言っても過言ではないかもしれません。逆に真性包茎やカントン包茎の場合は早漏ではなく、遅漏の方が多いと言われています。なぜなら、勃起をしても包皮がむけることがないため、亀頭への刺激が低減してしまうからです。

http://takasu-nagoya.com/process/